閉じる
  1. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  2. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  3. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう
閉じる

歯・歯科・歯医者の小話をご紹介

歯・歯科・歯医者の小話をご紹介

虫歯になりやすい人となりにくい人がいるという話を聞いたことがありますか?実は知ってるようで知らなかった事実が隠されているんです。近年では歯科医師が急増していて、もしかしたら歯医者に通っている人はこのような豆知識を何度か聞いたことがあるかもしれません。知っている人も知らなかった人にも、今一度歯にまつわる小話を紹介します。

虫歯の少女

虫歯というのは、細菌感染症の一種だということをご存知でしょうか。
もしかしたら甘いものを食べていると何となく歯が溶けていってしまうもの、という認識の人がいらっしゃるかもしれませんが、実際虫歯というのは、歯科医院の歯医者も説明している通り、虫歯菌による感染症の一種なのです。
具体的にはミュータンス連鎖球菌という細菌が中心となって進行する病気で、この細菌は多くの人の口腔内に存在しています。
そのため、誰でも虫歯という病気にはかかる可能性があると言えるでしょう。

それならなぜ、虫歯にかかりやすい人とかかりにくい人が存在しているのでしょうか。
その答えは簡単で、虫歯にかかりやすいかかかりにくいかという違いは、食習慣や毎日に歯磨き習慣の差が関係しているといえます。
虫歯菌は基本的に砂糖などの糖質を栄養としていますので、糖質が豊富に含まれた食品を好んで食べていれば虫歯にかかりやすくなります。
そこで注目したいのがキシリトールガムなどの食品で、こういった食品にはスクロースといった一般的な糖質ではなく、代用糖と呼ばれる特殊な物質が含まれているということを雑学辞典などで呼んだことはありませんか?あるいは、かかりつけの歯科医院の歯医者が、糖質を摂るのであればそういった代用糖を進んで摂るように勧めているケースも珍しくはないでしょう。

それから、虫歯にかかりにくくする方法としては、もうひとつ歯質を強くすることが挙げられます。
歯質の強化する方法といえばフッ化物ですね。
最近では市販されている歯磨き粉のほとんどにフッ素が配合されています。
また、歯科医院で販売されているような特別な歯磨き粉にも、フッ化物が豊富に配合されていますので、機会があれば活用してみましょう。

ところで、そうした歯に関する雑学や知識などを伝えてくれる歯科医師が最近は増えすぎているという話を聞いたことはあるでしょうか。
その理由としては、国の政策の誤りから結果的に歯科医師が激増してしまい、歯科医師過剰の時代が到来してしまったと分析することができます。
歴史上、日本の歯科医師の数は徐々に増えてきたのですが、国がきちんとした政策をとらなかったため、その数が激増し、歴史上最も歯科医師が過剰となってしまったのです。
ですから、コンビニの数よりも歯科医院の数の方が多いといった報道をよく耳にすることかと思います。
これは実際にその数を数えたデータがあるため、事実であるといえます。

噛む力の咬合力は天然の歯と変わらない!

歯を磨く女性

虫歯を予防する上で最も重要なのは、毎日の歯磨きをしっかりとすることです。
虫歯菌の栄養となる糖質を完全に断つことは難しいですし、口腔内の虫歯菌を完全に除去することも困難です。
そうなると、食事を摂ったあとの歯磨きをしっかりと行うことが何よりも重要となってくるのです。

それでも虫歯によって、歯を失ってしまった場合は、一体どうなってしまうのでしょうか。
最近ではコンビニの数より増えている歯科医院ですが、虫歯や歯周疾患に対する治療はきちんと行ってくれます。
特に歯を失った場合の治療は、様々な選択肢を用意してくれています。
もちろん、歯を失っても処置を何も施さないという選択肢もありますが、やはり何らかの歯科治療を施すことが見た目を良くするだけでなく、咀嚼をするという機能を維持する上でも重要となってきます。

そこでまず、沢山存在している歯科医院の中から、できるだけ優れた治療を施してくれる歯医者がいる場所を探してください。
探す方法としては、知り合いの紹介でも良いですし、以前に通っていた病院や歯科医院からの紹介でも良いかと思います。
良い評判の歯科医院というのは、患者満足度が高いなど、それなりに理由があるものです。
そこで気になるのが、どういった歯科医院が患者を満足させる治療を施しているのかという点ですよね。
そこで考えるべきなのが歯を失った時に私たちが何を求めるかについてです。

私たちが毎日幸せに生活していけるのは、食事を美味しく食べることができるからです。
それがもし、歯を喪失することで以前のような食習慣が阻害されてしまったら、人生の質そのものが低下してしまいます。
それを防いでくれるのが優れた歯科治療です。
具体的には、失ってしまった天然の歯と同様の機能を果たす人工歯を装着してくれることがポイントとなります。
見た目が天然歯と変わらないだけでなく、噛む力の咬合力も治療によって再現することができれば最高です。
実際に、最近の歯科治療では、噛む力である咬合力が天然歯と比べて遜色がないような人工歯を装着できる所もあります。
もちろん、そういった治療を適応できるかどうかは、患者さんの口腔内の状態にもよりますし、それなりの治療費がかかることがありますので注意が必要です。
それでもやはり、ものを食べるという行為はとても大切な営みですので、可能な限り優れた歯科治療を施してくれる歯医者を探しましょう。
同時に、天然の歯を失わないよう、日々オーラルケアを徹底することも重要です。

〇記事を読んで歯科医院へ行きたくなった方へ〇
歯科治療を堺市ですると良い結果が得られるでしょう。
大阪在住の方は是非足を運ぶと良いでしょう。
筆者の私も良く利用しています。

松前町の歯医者で虫歯の治療を行うのもおすすめです。
松前町は愛媛県にあるのですが、出張先で困ったとき訪ねてみました。
とても丁寧な対応で信頼できる歯医者だと感じました。

ピックアップ記事

  1. 歯ぎしりで悩んでいる人は、歯列矯正で改善するかもしれません。いろいろな原因が考えられますが、矯正歯…
  2. 科学が発展するのにともなって、人類はますます宇宙開発に熱をあげています。人は幼少の頃に宇宙飛行士の…
  3. 歯の色は人種によっても異なりますが、同じ日本人でも個人差がとてもあります。白い色の歯の方が健康的で…
ページ上部へ戻る