閉じる
  1. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  2. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう
  3. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
閉じる
歯・歯科・歯医者の小話をご紹介

よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係

歯周病は現代の日本でかかっている人が多い病気ですが、歯肉炎や歯槽膿漏とはどういう関係なのでしょうか。
それは、歯周病は歯肉や歯槽骨といった歯周組織に炎症が起こる病気全体を指す言葉で、歯肉炎は歯周病の初期段階を指し、歯槽膿漏は歯肉炎が更に重症化してしまった状態のことを指すという違いです。

歯周病になる原因は、口の中に元々いる細菌が増殖してネバネバしたプラーク(歯垢)という物質に変わり、それが歯にくっつくことが発端になっています。
歯磨きが充分出来ていないなどの原因でプラークが歯についたままになると、その中の細菌が歯茎に炎症を起こし、歯と歯茎の間の隙間(歯周ポケット)を深くしていきます。
この状態を歯肉炎と呼び、歯周病の初期症状となりますが、痛みなどは感じないので危機感を持ちにくいのが問題です。

歯肉炎が軽度の内に改善出来ずに状態が悪化してしまうと、歯茎が腫れる程度がひどくなり、歯周ポケットがますます深くなっていきます。
すると歯磨きをしている時に腫れている歯茎から出血したり、歯茎の赤みが目立つようになり、歯周病菌が歯槽骨や歯根膜にまで影響しはじめて歯周炎と呼ばれるようになります。

歯周炎と呼ばれる状態になってしまうと、歯茎は赤紫色になり、歯磨きをした時に歯茎から出血すると共に膿が出ることもあるので、まだ受診していない場合は早急に歯科医院に行く必要があると言えるでしょう。
歯肉炎が悪化した状態の歯周炎は昔は歯槽膿漏と呼ばれていましたが、歯周病全体のことを指して歯槽膿漏と呼ぶ人もいます。
歯槽膿漏と呼ばれるほどの状態になってしまうと、歯周ポケットが深くなって歯を支えている骨(歯槽骨)までが歯周病菌によって溶かされてしまい歯がぐらぐらしてきます。
更に悪化すると歯が抜け落ちるという結果になるため、歯周病は恐ろしい病気です。

歯周病が原因で歯を失わないためには、この病気の初期症状である歯肉炎が起こっている内に歯科医院に行って改善方法を考えるのがおすすめです。
歯科医院ではこの病気の原因となるプラークや、プラークが硬くなった状態の歯石を専門的な方法で除去してくれるので、歯肉炎が歯槽膿漏になってしまうことを防げます。
もしも、最近歯茎が腫れるとか歯磨きの途中に出血するといった症状を感じているのなら歯周病の初期症状かもしれないため、歯科医院で診察を受けて早めに対策を取ると、歯を失うという最悪の事態を避けられるのではないでしょうか。

関連記事

  1. ホワイトニングの前に知りたい、歯の色が違うわけ

  2. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう

  3. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?

おすすめ記事

  1. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  3. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう

ピックアップ記事

  1. 科学が発展するのにともなって、人類はますます宇宙開発に熱をあげています。人は幼少の頃に宇宙飛行士の…
  2. 歯の色は人種によっても異なりますが、同じ日本人でも個人差がとてもあります。白い色の歯の方が健康的で…
  3. 逆流性胃腸炎による胃酸によって歯が溶ける現象は、虫歯などの次に多い歯の疾患となっています。酸による…
ページ上部へ戻る