閉じる
  1. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  3. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう
閉じる
歯・歯科・歯医者の小話をご紹介

ホワイトニングの前に知りたい、歯の色が違うわけ

歯の色は人種によっても異なりますが、同じ日本人でも個人差がとてもあります。
白い色の歯の方が健康的で美しい印象を与えますが、歯の構造や生まれつきといった要素に加えて、生活習慣なども影響しています。
そのために、審美歯科では歯を白くするホワイトニングという治療があります。

まず、歯の構造は誰でも同じです。
エナメル質という人間の体の中で最も固い組織が歯の表面にあります。
エナメル質は無色透明で、色はありません。
しかし、エナメル質の内部にある象牙質と呼ばれる組織は黄色い色をしています。
エナメル質から象牙質の黄色い色が透けて見えることで、歯の色が黄色っぽく見えるのです。
象牙質の色は加齢によって黄色が強くなるため、年齢を重ねるほど黄ばんだ歯の色になりやすいです。

ただ、エナメル質の厚さは人種によって異なります。
日本人は薄いので象牙質の色が透けやすいのですが、白人や黒人は厚みがあり、黄色い色が透けにくいです。
そのため、歯の色が日本人よりも白く見えると言う訳です。
皮膚の色との対比によっても白く見えるということもあるでしょう。

そして、日本人にとって歯科医院というのは虫歯などになって痛みがあるから行く場所ですが、欧米では治療する場所ではなく歯が悪くならないようにメンテナンスをする場所です。
予防という意識がしっかりと根付いているので、日頃のブラッシングなどもきちんとしています。

カレーや赤ワイン、ブルーベリーなどの着色性のある食べ物が口の中に入ると、歯の表面にも色がつきます。
すぐにブラッシングをすれば色は落ちますが、そのままにしていると付いてしまいます。
食べ物だけでなく、タバコのヤニや茶渋などによっても色は付いていくでしょう。
中には、病気による薬の成分で歯の色が変わってしまうこともあります。
歯の色は、人種による差や生まれつきのものだけでなく、生活習慣などによって大きな影響を受けることが分かるでしょう。

そこで、審美歯科では歯の色を白くする前に正確な状態を把握します。
茶渋やタバコのヤニは歯の表面に付いている汚れです。
クリーニングをすればこの汚れは落とすことができます。
ただ、象牙質の中の色はクリーニングでは落とすことがせきません。
審美歯科では、歯の内部の汚れや色素を落とすための治療としてホワイトニングを行っています。
ホワイトニングに使う薬剤は漂白作用があり、歯の中にまで浸透して着色を落とすことが可能です。

関連記事

  1. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?

  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係

  3. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう

おすすめ記事

  1. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  3. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう

ピックアップ記事

  1. 歯の色は人種によっても異なりますが、同じ日本人でも個人差がとてもあります。白い色の歯の方が健康的で…
  2. 逆流性胃腸炎による胃酸によって歯が溶ける現象は、虫歯などの次に多い歯の疾患となっています。酸による…
  3. 歯並びが悪いことを気にしていると、つい手で口元を隠す癖がついてしまいます。口元を隠すというのは、…
ページ上部へ戻る