閉じる
  1. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  2. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう
  3. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
閉じる
歯・歯科・歯医者の小話をご紹介

差し歯とインプラントの違いについて知ろう

差し歯もインプラントも自分以外の歯ですが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。
そもそも、もとの自分の歯がどういう状態だったかによって違いがあります。

歯は歯茎からでている部分を歯冠部、歯茎の中に埋まっている部分を歯根部といいます。
差し歯はこの歯根部が使い物になる場合に行われていた治療方法です。
正式には歯冠継続歯といいます。
今は歯科材料の質が随分よくなりこの方法は修復の手法としてあまり行われなくなりましたが、前歯部の治療に用いられてきました。
歯根部が使い物になる状態ですから、外傷などで前歯を折ってしまったとか、虫歯でも抜歯までは至らないケースだとかが対象です。

さて、その修復方法ですが、崩壊している歯冠部を削り、残された部分を土台にするための処置を施します。
歯の根の部分に処置を行います。
具体的には抜髄といって歯の神経を抜いたり、抜くまでに至らない場合はダメージを受けているところを切断したりといったものです。
そして、ばい菌が入らないようにするため根管充填といって、処置した部分にふたをし、その後、差し歯を入れるために根面形成という方法で成形します。
人工歯を差し込む形になるので、形成された土台の中心部には、ポストと呼ばれる穴を作っておきます。
その後、型取りを行い、完成です。

この歯冠継続歯はポストをつくって作る方法なのでポストクラウンとも呼ばれます。
クラウンとは歯冠の冠の意味です。
分類としては被せ物の一種になります。
今はこのやり方は行われないので、歯冠継続歯が傷んだ場合の修復ぐらいしか歯科医院では扱っていません。
費用は保険適用です。
治療期間は歯根部の処置さえ終わればあまり時間がかからない方法なので長くても2か月あれば終わります。
寿命に関してですが、例えば歯茎の病気などで、土台部分がぐらぐらするようなことがあったり、差し込まれた歯が折れてしまったりということがあるので、インプラントと比べると短いです。

これに対して、インプラントは人工歯根による修復で、抜歯をされて自分の歯がまったくない状態で用いられます。
歯が全くない状態を欠損といいますが、欠損の場合、保険適用となるブリッジという修復方法があるため、インプラントは自費になります。
抜歯した部分の歯周組織は抜歯直後はダメージを受けています。
それが回復してからインプラントの治療に入ります。
そのため、治療期間は抜歯が行われてから半年以降というケースが多いようです。

歯槽骨に人工歯根を植え込み、その後人工歯を装着させる方法で作っていきます。
歯根部はすでに人工のものですので、そこが病気でダメになることはまず考えられません。
そのため、インプラントの寿命は原則的には一生ものです。
自分の歯と同じように物を噛むことができます。
費用はだいたい1本50万円くらいかかります。

関連記事

  1. ホワイトニングの前に知りたい、歯の色が違うわけ

  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係

  3. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?

おすすめ記事

  1. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  3. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう

ピックアップ記事

  1. 科学が発展するのにともなって、人類はますます宇宙開発に熱をあげています。人は幼少の頃に宇宙飛行士の…
  2. 歯の色は人種によっても異なりますが、同じ日本人でも個人差がとてもあります。白い色の歯の方が健康的で…
  3. 逆流性胃腸炎による胃酸によって歯が溶ける現象は、虫歯などの次に多い歯の疾患となっています。酸による…
ページ上部へ戻る