閉じる
  1. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう
  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  3. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
閉じる
歯・歯科・歯医者の小話をご紹介

歯列矯正が周りにバレない技術とは!?

歯並びが悪いことを気にしていると、つい手で口元を隠す癖がついてしまいます。
口元を隠すというのは、本心を隠すという心理作用もあり、決して見た目がいいものではありません。
けれども、矯正歯科は敷居が高いと感じてしまったり、歯並びは気になるけれどもワイヤーの装置を付けるのには抵抗を感じるという人は多いです。

特に、思春期の子供や、接客業や人前に出る仕事をしていると矯正歯科に行っていることを知られたくないと思う傾向があります。
ワイヤー装置は長い治療期間の間付けたままになるという点も、虫歯などになりやすくなってしまいます。
そこで、周りにばれない矯正治療が誕生しました。
インビザラインと、クリアアライナーはどちらもワイヤーを使わない矯正方法です。

インビザラインはアメリカで誕生したマウスピースを使った矯正方法です。
コンピューター上でシュミレートを行い、最初の歯型だけで、歯が移動するように作られたマウスピースを段階ごとに作ることができます。
制作国はアメリカで、歯型などのデーターをアメリカに送り、マウスピースを送ってもらう必要があるので、初めての装置が出来上がるまでには2カ月ほどかかります。
インビザラインは新しい矯正方法として世界各国で使われています。

クリアアライナーは、韓国で誕生したマウスピース矯正です。
インビザラインよりも後からできた治療法なので、マウスピースの素材がより薄く気づかれにくいというメリットがあります。
マウスピースは国内で作ることが出来るので、10日ほどで完成します。
制作方法は、毎回新しい歯型を取って、それに合ったマウスピースを作るので装着感が良く、形もスマートです。
インビザラインもクリアアライナーも透明なマウスピースを採用しています。
そのため、装着していても他の人に気付かれることなく矯正治療を進めることが可能です。
透明であることは、汚れなどが付いた時も気づきやすいのでお口の中を清潔に保つことができます。
歯の移動に合わせて定期的に新しいマウスピースを作っていくので、衛生的です。

今まで矯正したくてもワイヤー装置のために諦めていたという患者さんは、インビザラインやクリアアライナーという新しい矯正治療を考えてみましょう。
矯正歯科に行けば、実際のマウスピースや模型などもあり、どのように治療が進んでいくのかを相談できます。
インビザラインのシュミレートは本格的で、治療数カ月後の段階などもコンピューター上で表示することが可能です。

関連記事

  1. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう

  2. ホワイトニングの前に知りたい、歯の色が違うわけ

  3. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係

おすすめ記事

  1. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  3. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう

ピックアップ記事

  1. 科学が発展するのにともなって、人類はますます宇宙開発に熱をあげています。人は幼少の頃に宇宙飛行士の…
  2. 歯の色は人種によっても異なりますが、同じ日本人でも個人差がとてもあります。白い色の歯の方が健康的で…
  3. 逆流性胃腸炎による胃酸によって歯が溶ける現象は、虫歯などの次に多い歯の疾患となっています。酸による…
ページ上部へ戻る