閉じる
  1. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう
  2. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  3. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
閉じる
歯・歯科・歯医者の小話をご紹介

虫歯の宇宙飛行士はいないって本当?

科学が発展するのにともなって、人類はますます宇宙開発に熱をあげています。
人は幼少の頃に宇宙飛行士の夢を抱くものですが、今や誰もがその可能性を秘めているわけです。
とは言え宇宙飛行士になりたくても、簡単にいかないのが現実の話です。
それは身体的・精神的能力の云々だけでなく、健康上の問題が関係するからです。
例えば、虫歯があるだけでも選考から落ちると言われており、過酷な宇宙空間での適応の難しさを表しています。
実際、宇宙空間では地球上にいる時以上に、歯が痛みやすいと言われています。
宇宙船内も地上と同じ1気圧に保たれていますが、船外活動の際には宇宙服内が0.3気圧まで減圧されます。
この気圧の差が、虫歯の痛みをさらに高めるわけです。

宇宙空間で虫歯が問題になるのは、歯に空洞や膿袋がある場合です。
虫歯には色々なタイプがありますが、歯根の先端の歯槽骨内に、膿の袋である嚢胞ができることがあります。
それが根尖性歯周炎となると、気圧低下で嚢胞が膨らんで、激しく痛むことになります。
但し、虫歯を治療して詰め物をしっかり入れていれば、気圧が下がっても痛まないと言われています。
それでも詰め物の周りに空洞があると、同様な痛みが発生します。
加えて宇宙空間という特殊な環境が人間にもたらすストレスは大きいので、環境の変化がウィークポイントである口腔内に支障をきたすと考えられます。
実際歯に問題がない人でも、発作的に痛みを感じたり、心因性の歯痛などもよく耳にするケースです。
宇宙で突然に歯が痛んでも、勿論、治療などはできないわけです。
それ故、宇宙飛行士にとって、歯の健康はムシできない問題です。

JAXAの見解では虫歯があっても治療してあれば、宇宙飛行士になるのに問題がないとされています。
打ち上げ前には外れそうになっている詰め物はないかチェックされ、飛行中に悪化しそうな歯がないか歯科医が検査します。
船外活動をするときは、宇宙服の中が減圧され、その減圧環境の中で長時間作業することになります。
特に古い治療で歯に空洞があったりすると、周囲の減圧につれて空洞の空気が膨張します。
それが歯を内側から神経を圧迫することになり、痛みを生じる可能性が高くなるわけです。
また、船外活動から船内に戻った際、空洞の中は減圧されたままです。
周囲の方が気圧が高いので、歯が押し込められるような痛みが発生する場合もあります。
このように、圧力差が異なる環境では、生体内の密閉空間というものが大きな影響を及ぼすわけです。

関連記事

  1. 逆流性食道炎によって、歯がなくなる!?

おすすめ記事

  1. 歯列矯正が周りにバレない技術とは!?
  2. よく耳にする歯肉炎、歯周病、歯槽膿漏の関係
  3. 差し歯とインプラントの違いについて知ろう

ピックアップ記事

  1. 科学が発展するのにともなって、人類はますます宇宙開発に熱をあげています。人は幼少の頃に宇宙飛行士の…
  2. 歯の色は人種によっても異なりますが、同じ日本人でも個人差がとてもあります。白い色の歯の方が健康的で…
  3. 逆流性胃腸炎による胃酸によって歯が溶ける現象は、虫歯などの次に多い歯の疾患となっています。酸による…
ページ上部へ戻る